総量規制

2010年11月19日 (金)

借金問題の行方。

6月の改正貸金業法完全施行直後は、消費者金融等からの借り入れ利用者の、総量規制の認知度は半数に満たなかったのですが、10月の大手消費者金融の調査によれば、8割に認知されてきたそうです。(参照

借り入れ総額は収入の1/3まで、という総量規制ですが、それでは借りれるためにはどうしたらいいのか、という具体的な質問も増えてきたといいます。
それならばまだいいのですが、当初の懸念通り、借りることができないからとヤミ金手を出したり、クレジットカードによるショッピング枠の現金化をしたり、という問題が出てきたようです。

長い間借り入れを続けているのであれば、過去の不当な金利を正当な金利に基づいて計算し直し、払い過ぎていた借金の一部を取り戻すことができます。
場合によってはそれを充当して借金を完済できたり(債務整理)、既に完済していたなら過払い金として取り戻すことができるのです。

借金問題でお悩みの方はひとりで考え込まず、吹田合同司法書士事務所までお気軽に相談くださいませ。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
借金をこれ以上重ねてしまわないで。
多重債務の借金返済、債務整理(借金整理)のご相談は
大阪の吹田合同司法書士事務所までお気軽にどうぞ。
www.yamikin110.jp

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月13日 (土)

改正貸金業法施行後のアンケートから。

改正貸金業法についての携帯電話でのアンケート(2000人対象)で、3割弱が現在の借入総額が年収の3分の1を超えていると回答されたそうです。(参照

改正貸金業法完全施行による影響として、借りられなくなってヤミ金に流れる人が増えると答えた人が8割を超えました。二次的な影響として消費者金融等の破綻が増加する、過払い金返還額がカットされる、などの問題にも高い回答が寄せられていたようです。

実際のところ、主に消費者を守るための方策だったはずですが、先日の武富士の経営破綻といい、アコムの決算予想の大幅な方向修正といい、さらにはそういう現状により過払い金返還が困難になる一方といい、総量規制によって借りられなくなる人の問題よりも、いわば二次的な問題の方が頻出してきました。

法律の施行前からそのあたりを見越してマネジメントしてきた貸金業者は乗り切れるのかも知れませんがここまで大手の危機が報道されると、程度の差はあれ借金するということを利用しながら乗り切ってきている一般消費者には怖いものがありますね...

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
過払い請求、自己破産や任意整理等、借金問題のご相談は
大阪の吹田合同司法書士事務所までお気軽にどうぞ。
www.yamikin110.jp

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月24日 (金)

改正貸金業完全施行から3ヵ月。

総量規制を盛り込んだ改正貸金業法が完全施行されてから3ヵ月経過しました。
それにより貸金業者が貸し出しを大幅に絞り込み、貸金業協会への苦情・相談件数も減少。
しかし貸金業者は、総量規制に伴い借り入れ総額が100万円を超える利用者からの年収証明の取得をしなければならず、そのためすべての利用者の借り入れ限度額が判明するのは11月になるそうです。(参照
総量規制に引っかかってそれ以上借りる事ができず、他社で借りようとしても借り換えができない状況は、これから本格化する、ということです。

借りる事ができない人たちが、例えば先日摘発されたソフトヤミ金や、クレジットカード現金化に流れていくのでは、という懸念はこれからの問題です。
例えば、身もフタも無い話ですが、正規の貸金業者が、この利用者(依頼者)には貸せないと判断した時、相談するための公的機関をしっかりアナウンスしてあげれば、ヤミ金や(総量規制の関わらない)クレジットカード現金化の問題もいくらかは抑えられるのでは? と考えてしまいます。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
借金をこれ以上重ねてしまう前に。
多重債務の借金返済、債務整理(借金整理)のご相談は
大阪の吹田合同司法書士事務所までお気軽にどうぞ。
www.yamikin110.jp

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月31日 (火)

債務整理の相談はお気軽に。

改正貸金業方が完全施行されてから総量規制の影響で、ヤミ金に手を出してしまった人からの相談が増加しているようです。
京都府内の相談窓口ではヤミ金絡みの相談が2倍になり、女性からの相談の増加が目立ってきたといいます。(参照

貸金業者から借金をできなくなったことで総量規制の対象外であるクレジットカードでの買い物に依存して生活を破綻させる懸念も出てきました。

計画的に利用できていれば多重債務に悩むようなことはありません。安易に借金を重ねず、難しくなったなと感じてきてしまったら、早急に司法書士、弁護士に債務整理の相談をしてみましょう。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
ヤミ金に手を出さないで!解決方法は見つかります!
多重債務の借金返済、債務整理(借金整理
)のご相談は
大阪の吹田合同司法書士事務所までお気軽にどうぞ。
www.yamikin110.jp

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 3日 (土)

改正貸金業法の条件緩和策を正式決定。

改正貸金業法の完全施行は6月18日の予定となっています。融資の上限金利が29.2%から20%に引き下げられるほか、1人当たりの貸出限度額を年収の1/3に抑える総量規制が実施されることになります。

こちらのブログでも何度も触れていますが、総量規制が実施されることで今まで借りられた人が6月以降突然借りられなくなってくるというケースが多数出てきてしまい、どうにもならずさらにヤミ金にまで手を出してしまう懸念があります。

下手にギャンブルとか交遊費に借金で手にしたお金を使っているのではなく、生活費や事業を回すためにどうしても借金をしなければいけない人たちも多数にいます。
そういう人たちのために、金融庁は返済期間延長や毎月の返済負担を軽減するための借り換えなどを規制の対象外とする、改正法の運用緩和策を公表しました。(参照
実施まであとわずか。

混乱無く施行できるのでしょうか...

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年4月 1日 (木)

総量規制に関する懸念が増える一方です。

前回、プロミス等消費者金融大手が収入の無い専業主婦への貸付を中止する方針を固めたことについて書きました。

そうしたところ、案の定、というか...
クレジットカード、信販会社の主要各社も、総量規制の導入される6月以降、専業主婦等収入のない人への新規融資をやめる方向で検討していることが明らかになりました。(参照
これが実際に実施されると、キャッシングを利用している百数十万人の専業主婦の大半が、新規融資を受けられなくなる可能性がでてくるということです。

これで一層、簡単にヤミ金に流れる人が増えてしまうのではないかと、気になるところです。

※総量規制=今年6月の改正貸金業法完全施行により、年収の1/3を超える融資が禁じらる

吹田合同司法書士事務所のホームページへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)